FC2ブログ

℡の通話履歴

たくさんの人とつながったりするのがすきなので、よろしくお願いします!!みんなで楽しくいきましょう!(*^w^*)

新年あけましたね。

新年あけましたね。
昨年はたくさんの方々に支えられました!

はじめてのバイト
はじめての高校生活
はじめての北海道へひとりたび
みーんなはじめて!!

それに、Twitterでもたくさんの方々がなかよくしてくださったりして。
すごい幸せ者でございます。

いきなりですが
僕の考えとしては、
多くの方々に知られるのも大事かもしれないけど
僕となかよくなりたいっていう少ない方々を大事にしていきたいと考えています。
だってさ、僕とそのすくないひとが出会えた確率って
何億分の1なんだよ!?
奇跡じゃない?
たくさんある動画のなか
僕の動画に足を運んでくださって。
で、さらにTwitterとか代々木で絡んでくださる。
幸せじゃない?
で、そういう人たちを僕は増やしたいし、
今まで仲良くしてくださったかたがたとはもっと仲良くなりたい!!

というわけで部門別抱負!!
学問:無理だけど、いつかクラス上位とれるようにがんばる
人間関係:積極的になれるようになる。
恋愛:大切な人と過ごしたい!
ネット関連:がんばって動画あげていつかイベントで踊りたい!!
ダンス:Perfumeも、lockも、踊ってみたもがんばる。

とにかく、挑戦することを忘れない年にしたいです!

では、また更新します!!

おつかれさまんさたばさ!!
スポンサーサイト



北海道に行くことがきまりました!

みなさん!
この夏・・・
北海道行くことが決定しました!
うれしいです!
中学生のころから野崎さんをprprしに北海道に行くことg
じゃなかった
柿ぴーといちゃいちゃしn
まちがいじゃないけどそうじゃなかった
まぁ・・・とにかく色々暴れまわりにいってきます!
というわけで・・・・楽しみ!

また更新します!
でゎでゎ☆

高校生活!

こんにちは!
最近ブログ更新してませんでしたね・・・
すいません><

久々のブログなので、ここ最近の近況などもりこみたいとおもいます!

高校に入学しましてはや数ヶ月・・・・
多少高校にも慣れてきて、なんとかやっています。

まず、部活はダンス部に入りました!
ダンス大好きなんで、仮入部も全部ダンス部に!
もう、楽しくて部活無い学校なんて楽しくない。
そんな体質になってしまいました・・・><

そして、お友達!
たくさんできたよー!
でも名前まだ覚えられてない人いたりしちゃう・・・
そんなのは内緒で、呼ぶときは「ねぇねぇ」でごまかしちゃうじぶん。
最低ですねw

そしてなんといってもアルバイト!
楽しいです!
もう、働けるのが・・・!
お金沢山もらって旅行へGOです!

というわけで・・・
現在予定では
8月4日から6日まで北の大地北海道へ行く予定です!
もし行けたら初の遠征・・・!
たくさんの方々と踊ったりお話したりしたいと思っています!

ではでは、また更新します!

ダンシングないとおおおおおおお

今日はBL小説かこうかな(続)

前回の続きからいきます!


A「うぅあ・・・・・・」
朝だ。
だが、今日はいつもとは違うような気持ちだ。
体は少し軽い気がするし、なぜかわからないが自然と鼻歌がでる。
いつもと同じような朝食も、なぜかいつもよりおいしく思えた。
なぜだろう。
答えは簡単だ。
今日はB先輩の家に泊まりに行くからだ。
どんな服でいこうかな?そんなことを考えて時計を見るともう待ち合わせ時間になりそうだ。
場所は近いから平気だが、もうまずいな。
結局適当な服装だ・・・・
そして、行くとB先輩はまだいなかった。よかった・・・・
と思った途端前が暗くなった。
うしろから
?「だーれだ?」
という声が。もう誰かなんて簡単すぎた。
A「B先輩でしょ?」
B「ばれちゃったかぁ・・・・」
少し残念そうだ。
そして、話しながら歩き始めた。
B先輩が言うには、今日は両親がいないから気を使わなくていいとの事であった。
楽しみだ。

家についた。
そして、まず、先輩の部屋に行く。
B「くつろいでよ!」
A「うん!」
そういって座るとまず、ゲームをした。
ずっとまけてしまったので、やけになってやっていたらいつのまにか夜に。
ゲームというのは恐ろしい・・・

夜になってご飯を食べた。
すると
B「風呂はいるか!」
A「うん!」
B「一緒に入る?」
A「え・・・」
どうしよう・・・
ぶっちゃけはいりたい。でも・・・
B「はい、はいろう」
A「え、あ、え!?」
そして、風呂場に来た。
正直・・・恥ずかしい
しかし、先輩はふつうに裸になっている。
だめだ・・・つい目が下に・・・
通常サイズなはずだが、結構大きい。
だめだめだめ!こんなこと考えちゃ!
もう、ざっとぬいでさっとはいろう。

そして、風呂に入った。
A「先輩、風呂結構広いね」
B「だろ?昔は家族全員ではいったりしたんだよ!」
など、いろいろ話した。(エッチな話も少し・・・)
そして、二人で背中を洗いあうことになった。
B「かゆいところはないですか~?」
A「それ髪の毛だよ~!」
など、すごい楽しかった。
そして風呂を終えた。

風呂から上がりまた部屋にいくと、後ろから抱きしめられる。
B「ねぇ・・・・ヤらない?」
A「・・・うん」
すると、キスをしあった。
そこから長い長い夜ははじまった。


あと書くの面倒になってきたから想像にまかせます。

でわでわ、また更新します☆

今日はBL小説かこうかな

こんばんわ!
今日は友達に評価されたので少しBL小説書こうかと思います!

キャラ設定
主人公 A(名前は好きにしてください)
 身長は160くらい。少し控えめだが仲良くなるとはっちゃけるタイプ。
恋人になるキャラ B(こちらもおなじく好きにして)
 身長は170くらい。めちゃくちゃイケメンだがなぜか彼女をつくらない。性格までイケメン。
二人は同じ部活でAが後輩。

ではいきます!

A「うぅあ・・・・・・」
僕はベットの上で起きた。いつもにくらべて、体が少し重い気がする。
理由はわかっている。今日は学校だ。
だが、それが理由ではなく、昨日部活で友達に迷惑をかけた。
それが気になって眠れなかったし正直学校に行きたくない。だからだ。
A「・・・しかたないか」
そう思って顔をあらったり着替えたりして朝食を食べた。

通学路は、いつも人が少ない。たまに友人に会うが、今日は会いそうにないな。そうなんとなく思う。
しかし、あることに気がつく
A「あ!今日日直だった・・・・最悪だ・・・・」
日直だと学校にはいつもより早く行かなくてはいけない。
このままじゃ遅れてしまう・・・・
A「走ろう!」
そう思った。そして走って曲がり角をまがり、学校についた。なんとか間に合いそうだ。

上履きにはきかえて急いで教室に向かう。間に合った。
A「よかったぁ・・・・」
そう思い、仕事をはじめた。すると廊下のほうから
?「おい、A!」
振り向くとそこには先輩のB先輩が!
A「うわっ、B先輩!びっくりしましたよー・・・」
B「ははは!びっくりさせたんだからあたりまえだろ?つか、敬語じゃなくていいって!」
B先輩は、僕が部に入部したときから僕だけにはなぜか優しかった。でも、なぜかいきなりあらわれると敬語をつかってしまう。いつもはタメ口なんだけどね。
あと、いつもB先輩は元気で明るい。暗い姿をみたことはあまりないなぁ・・・しかも親しみやすい!
A「じゃあ・・・で、今日はどうしたの?」
B「あぁ、昨日の事気にしてるかなって気になってさ!」
A「え・・・別に・・・気には・・・」
B「ほらっ、気にしてんじゃん!」
そういってB先輩は笑った
A「本当に気にしてない・・・わけじゃ・・・」
B「だろ?でも、あいつはそこまで気にするやつじゃないし、怒ってないとおもうからさ。」
A「・・・うん」
B「だから、いつも通り部活こいよ!」
すると、B先輩の顔が耳元にきて
B「お前がいないとつまんねぇからさ」
とささやくようにいった。
なんか恥ずかしくなって顔をうつむけて赤くしてると
B「お前真っ赤だぞ!」
と笑いながら言った
A「いや、べつに・・・」
B「まぁ、いいからこいよ!じゃあな!」
というと嵐のように去って行った。
A「ふぅ・・・なんなんだよ・・・」

そして、放課後。部活だ。
先輩に言われたとおり普通にしてたら、迷惑かけたこも普通だった。
A「先輩、人をみてるなぁ・・・」
?「先輩ってだーれーのーこーと?」
A「わあああ!」
またB先輩!
A「いきなり入り込まないで!」
B「だって、気になっちゃうんだもん☆」
そんな感じで部活がはじめり、終わった。
部活はダンス部だから、結構つかれた。

そして、帰り際
B「おーい、A!一緒にかえろう!」
A「いいよー」
そしてみんなにさよならをし、二人で歩く。
あたりは暗く人気もない。しかも、二人は家が近い。
そして、たわいもない話をして家の前に着くと
B「もう少し、あるかない?」
といってきた。
A「いいよー」
と笑顔でいうと
B「やった♪」
と先輩も笑顔だった。しかし、珍しいなぁ・・・と思った。
いつもは「バイバイ」で終わるのに・・・・

そして、歩いて公園に来た。誰もいない。
B「ねぇ、あのベンチ座ろう」
A「いいよー」
そういってすわる。
B「はぁ、寒いなぁ」
そういうと僕のももに頭を乗っけてきた。頭をなでると少し喜んだ。
髪の毛はさらさらで、たぶんワックスつかっていないんだろうな。程よい長さで、真っ黒な髪が光にてらされて少し白くなっている。
そんなことを思っているといきなりB先輩が抱きついてきた。すごい強かったし、いきなりでびっくりした。
A「ど、どうしたの?」
B「寒い」
A「痛いんだけど・・・」
といってはなそうとするが、はなれない。
B「寒いだけじゃないけどね」
A「え?」
B「好き」
A「は?」
B「Aが好きなんだよ」
A「・・・え?僕男だけど・・・・」
B「うん。知ってる。」
A「え・・・よくわからないんだけど」
B「おれね、女は好きになれないんだ。腹黒すぎて。信用できない。」
そういうと、過去の女子たちの話をしていた。
僕は、そんな過去があったんだ、と思った。イケメンならではの悩みとつらい過去。
B「だから・・・・付き合って?」
A「だからって・・・会話つながってないよ・・・」
B「だめ・・・?」
A「だめっていうか・・・・その・・・」
と言ってるとキスをされた。
A「!?///」
いきなりすぎて言葉を失った
B「さっきのと今の表情、反則だから」
A「う・・・///」
B「おれにキスされてドキドキした?」
A「うん・・・///」
B「じゃあ・・・付き合おう?これからもたくさん二人でドキドキしよう?」
A「・・・うん///」
B「じゃあ・・・・付き合って・・・?」
A「付き合うよ・・・その・・・別に好きじゃないけどさ・・・」
B「よっしゃ!」
そういってまた僕に抱きついてきた。
でも、嫌じゃない。むしろドキドキする。なんでだろう・・・・。
そして、またキスをする。またドキドキする。
おかしくなっちゃったかな・・・・?

そして、帰るときB先輩が
B「今度うちに泊まりにこいよ!」
そして、こそっと
B「お前の初めて、うばってやるから」
といわれた。死ぬほど恥ずかしくてうれしかった。
今度とまりに行くのがたのしみだ。

~終わり~

リクエストあれば、続きかきます!

でわでわ、また更新しまーす☆

プロフィール

℡

Author:℡
ニコニコ動画で踊ってみたをうpしています!!
マイリストとコミュニティーはリンクにあります!!
どうぞよろしくおねがいします!
性別:♂♂♂
身長:160cm
体重:50kg
特色:やさしくしてくれた人になついたりします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

Twitter

 

カテゴリ

来場者数

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
301107位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
7017位
アクセスランキングを見る>>

おしてくれたらうれしいな!

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR